いいものをつくろう

CTOの日記

Scala

scalaのREPLは使いにくい、ならsbtコンソールを使おう

投稿日:

Python で正のラブレターを立ち上げるて色々やるっていうのは非常に簡単ですでほとんどのライブラリーが既に標準に組み込まれているのであまり意識しなくて済みます

その感覚で行くとスカーラとかのそのレベルを立ち上げたときは非常に低いと言いますか使いたいライブでありますからすぐに使えないのでもどかしいですこれを解決するのは scala Console を使えばいいです

scala

じゃなくて

sbt console

 

 を使えばいいですね を使えば良いですです他 を使えば良いですです他にも何も

アンモナイトとかっていうスクリプトもあるんですけど

もう普通にこの Sbt Consoleを立ち上げる前に Build.sbt でライブラリーディペンデンシーを書きさえすればそのライブラリがダウンロードされた状態で SPT の力のレベルが起動されるのでこれで十分です

 Python でやる場合は必要なライブラリはpipとかでそもそもlibをインストールしてから起動しないといけないのでもちろんそのvirtualenvとで仮想空間を区切ってちゃんと管理してればいいですけどそういうそういうのも必要になってくるんで結構どっちも一長一短って感じだと思います

 

改めまして今日はsbt consoleってやつを使えばでライブラリー時点で実際書けば結構快適に簡単に自分の使いたいライブラリーが使えてサクッと自分のやりたいことが試してるのでぜひおすすめですっていう記事でした

 

以上です

-Scala

Copyright© CTOの日記 , 2020 All Rights Reserved.