いいものをつくろう

CTOの日記

git

git でこの行は誰が変えたのかはgit blameで。

投稿日:

チームで

開発していると

突如、buildやテストが通らなくなることがあります。

 

すると、エラーをみたりしながら

問題の箇所を特定していくのですが、

 

「ここの行!怪しい」

ってなった時に、だれが変更したかをさっと調べることができれば

不特定多数にメッセをうつのではなく、bynameでメッセージがおくれて

仕事がはやくなります。

そんな時に、まさにつかえるのが

`git blame`です

つか方は

stackoverflow.com, git-who-has-modified-this-line

 

40行目のコミットを確認する方法は以下です。+1というのは、40目からの一行、つまりは40行目ってことです。

git blame -L 40,+1 foo

 

なので、40行目から60行目の間の変更がおこなわれたcommitをしらべるには

git blame -L 40,+21 foo

OR

git blame -L 40,60 foo

 

+マークでオフセットか、絶対値でも入力できるんですね。 git blame docs

 

以下、実践さながらのコマンドは、このレポジトリの45行目変えたのは誰? というコマンドでした。

cd my_repository/
git blame -L 45,+1 build.sbt

 

仕事の効率がすこーし上がる小技だとおもいます。

以上です。

 

-git

Copyright© CTOの日記 , 2020 All Rights Reserved.