いいものをつくろう

CTOの日記

開発

ターミナルの表示を自由に変えて、日々の作業を効率化

投稿日:

ターミナルの

これを

usernameMacBook-Pro:~ username$

変える方法をご紹介します

変える方法はいたって簡単でPSという環境変数を上書きするだけです。

PSとはPrompt Statementの略でPS1, PS2, PS3, PS4の4つがあります。それぞれの意味は詳しくこちらの記事で書かれていますが、実際よく変更するPS1ですので詳しくみていきます。

echo $PS1
\h:\W \u\$

まだ何も上書きしてない状態で変数PS1をecho してみた結果です

\hとか記号が列挙されていますね。

これらの意味は(以下抜粋)

 \d   The date, in "Weekday Month Date" format (e.g., "Tue May 26"). 

 \h   The hostname, up to the first . (e.g. deckard) 
 \H   The hostname. (e.g. deckard.SS64.com)

 \j   The number of jobs currently managed by the shell. 

 \l   The basename of the shell's terminal device name. 

 \s   The name of the shell, the basename of $0 (the portion following 
      the final slash). 

 \t   The time, in 24-hour HH:MM:SS format. 
 \T   The time, in 12-hour HH:MM:SS format. 
 \@   The time, in 12-hour am/pm format. 

 \u   The username of the current user. 

 \v   The version of Bash (e.g., 2.00) 

 \V   The release of Bash, version + patchlevel (e.g., 2.00.0) 

 \w   The current working directory. 
 \W   The basename of $PWD. 

 \!   The history number of this command. 
 \#   The command number of this command. 

 \$   If you are not root, inserts a "$"; if you are root, you get a "#"  (root uid = 0) 

 \nnn   The character whose ASCII code is the octal value nnn. 

 \n   A newline. 
 \r   A carriage return. 
 \e   An escape character (typically a color code). 
 \a   A bell character.
 \\   A backslash. 

 \[   Begin a sequence of non-printing characters. (like color escape sequences). This
      allows bash to calculate word wrapping correctly.

 \]   End a sequence of non-printing characters.

 

ということで好きにPS1の上書きを.bashrcかどこかで変更していきます。

.bashrcか.bash_profileなどかは環境に依存するので、それぞれの場合に合わせてbashが読み込まれて最初に実行される場所に追加してみてください。

私はこうしました

export PS1="\D{%m%d %H:%M} \w > "

0717 10:28 /usr/local/opt/rbenv >

日ずけと時間、そして現在のフォルダへのパスを表示しています。

時間は\tでもいいのですがもう少し細かくstrftime仕様で定義しています。

最終的に私の.bashrcは以下のようになりました

0717 10:34 ~ > cat ~/.bashrc

# Variables
# default was PS1="\h:\W \u\$ "
export PS1="\D{%m%d %H:%M} \w > "

 

最後に

source ~/.bashrc

 

で反映が確認できれば終わりです

 

-開発

Copyright© CTOの日記 , 2020 All Rights Reserved.