いいものをつくろう

CTOの日記

marketing

説得力を因数分解してSNSで発信していくには

投稿日:

信頼度 ロゴス(論理) 感情 と 喋り方(メタファー シンプルさ)

 

ざっくり捉えると

信頼度:この人がいうんだったら〜

理論:ふむふむ。つっこみようがないわ。

感情:熱く語ってるわね〜、聞き入っちゃうわ。

喋り方:わかりやすーい

 

ということです。

この辺を押さえておけば、良いスピーチなり、交渉なりできるとおもわれます。

 

 

信頼度の一部は人柄でもあうから、それおをどのようにSNSで発信していけるか。伝わるか?を考えよう。例えば、

努力家で嘘をつかないという人であれば、毎日更新をするとか、虚偽事件についてコメントするとか、そういう発言を繰り返すことです。

 

ロゴス(論理):ロジカルシンキングですね。

 

あと情熱ね。熱く語るだけで、その人がそのアイデアに惚れ込んでる度が伝わって

聞きたくなりますよね。これも

テクニックとして考えれば、喋り方に入るかもしれませんね。

最後に

これらの信頼、論理、情熱は土台としてかんがえて

これらがあっても喋り方が流暢ではなかったり、自信なさげでダメですので

メタファーというテクニックを意識して、ふだんからストックを貯めます。

さらに簡潔さ(シンプル)に話すことで

より伝わると感じでかんがえています。

メタファーで自分のアイデアをいかに大衆に、あるいは別の分野のひとに理解してもらうことができるか

 

参照:

https://www.motivation-up.com/motivation/ethos.html

-marketing

Copyright© CTOの日記 , 2020 All Rights Reserved.