いいものをつくろう

CTOの日記

未分類

Rspec をはじめる(入門編) 第三回〜 contextっとは

投稿日:

Rspec をはじめる(入門編) 第三回〜 contextっとは

この記事がRspecの説明としては、わたしのこのかいつまみ記事よりこちらの記事のほうが詳しいです

Ruby on Rails のテストフレームワーク RSpec 事始め - Qiita

https://qiita.com/tatsurou313/items/c923338d2e3c07dfd9ee

そしてわかりやすいのは

また、テストが特定の条件を想定する場合は context を使ってその条件を記述します。
ここで describe, context は入れ替えても動作しますし、以下の例では describe, context は記述せず it だけ記述しても動作しますが、テストが想定する内容が分かりやすくなり、将来的に after/before を使ってテスト用データを用意する場合等に、コードのスコープが明確になるメリットもあるため積極的に使うとよいでしょう。

ということで、contextといって、ある種の文脈、「この条件は以下ではこう動いてね」というような塊である。context単位でafter/before処理が入れられる、というよな感じである。

これだけの知識がそれえば

後は実践で行けるでしょう!

-未分類

Copyright© CTOの日記 , 2020 All Rights Reserved.